FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリカラの似合う犬

  • 2011/11/29(火) 



ほんま、よう似合っておいでですわ……。
エリカラ付けると垂れ耳みたいになったりして可愛い。

とアホなことを褒めたところで、大事件発生しました。
上の写真で、エルの眉間にハゲ+かさぶたができているのに気づかれたらピンと来たヒトもいるかも知れませんが。

またウチの二匹が大乱闘+流血騒ぎ
いや、もう、ホンマに、どっちかが死ぬんじゃないかと思いましたよ。

一昨日の日曜日、前回の記事の後、ハリー君とスラロームの練習がてら遊んでいた時、他の犬がやってきて、ハリー君とウチの斑は大興奮。
それだけならよかったんだけど、斑犬はどれだけギャンついても遠くの犬にはどうしようもない事態に何を思ったのか、手近にいた黒犬を襲撃。
ほんまに、この犬の行動原理はわからん……。
この時はまあ、どうにか引き離しましたが、一触即発状態(この時出来た傷が、斑犬の眉間の傷)。
どうにか興奮を抑えようと一匹ずつ散歩したりボール遊びさせたりしてから帰宅。
まあ、どうにか、私が間にいて、不用意に近づかないようにさせたら何とか大丈夫な感じでした。
で、寝室でU-22のシリア戦(サッカー)を見ていたら、試合の終盤あたりで、宅急便がやって来て、チャイムがピンポーン♪

これが第二ラウンドのゴングとなったのでした。

もちろん最初は斑犬です。
黒犬の耳にガブリ(一番噛みやすいらしい)。
警戒しつつも驚いた黒犬……すぐにマジギレ
反撃に転じたかと思うと、斑犬の左腿にガブリ。
斑犬「キャン!」と悲壮な声を上げて……

いつも思う、前も思った。ここで引けばいいのに、何故また反撃に出るのか。
二匹の首輪を持って、どうにか引きはがそうとする飼い主。
しかしまあ、一度食いついたら離さない気ですよお互い。
完全に頭に血が上ってます、二匹。
宅急便、受け取れるはずもなく……。
私は黒犬に腹を噛まれました。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
後で見たら、出血はなかったものの、牙の刺さった痕と青痣ができてましたよ。
で、どうにかこうにかして黒犬をクローゼットに放り込み、ようやく戦闘終了(クローゼットの中で黒犬が吠えてましたが無視)。
で、床を見たら大量の血が!!(前回比)
急にしょぼーんとなった斑犬の体を点検したらl、どうやら黒犬にがっぷりやられた腿から出血しているらしい。
血の気が引くやら頭が真っ白になるやらながら、斑犬を一階のリビングに連れて行き、エリカラを付ける(傷をなめると化膿したりして治りが遅くなることがある)。
で、二階に戻って床掃除。血の臭いが気持ち悪い。
体調も良くなかったので余計に気持ち悪い。
人間も凹んでくるし。
この時点でクローゼットから出した黒犬。


「正当防衛だもん」
(写真は今日のもの)
何のかんの言っても、やっぱり大型犬だよ。
今回は完全にアキの勝ちでしたな……。

その日は当然ながら、翌日も仕事なので帰ってくるまで病院にはつれていけませんでした。
斑犬の傷口には手持ちのゲンタシン軟膏を塗り、クラビット500mgを四分の一飲ませました。化膿が怖いし。

月曜日、帰宅するや、すぐに二匹を車に積み込んで病院へ。
エリカラ付き犬はバリケンに入れられないので助手席で。
いつもバリケンに入れているとギャン鳴きする斑犬、怪我のせいなのか、鎮座して大人しい。

結果としては、黒犬はほぼ被害無し。
斑犬は眉間(毛を剃られて消毒してもらった)の他耳の付け根もガブられていたものの、傷は浅かったのですが、例の腿の方が重傷。
内側は内出血で真っ黒(傷自体はここも浅かった)、外側は牙が食い込んだらしく穴が空いてました。がっつりバリカンで刈られて見事なハゲが作られましたが、傷が痛々しい。
場所が場所なのでテーピングもできないから、エリカラ付けて抗生物質のませて傷口は消毒するように言われました。
もう使いすぎて元を取ったエリカラは捨てて、新しいエリカラを買いました(写真のは新しいの。古いのは縁の青い部分は黒ずんではげまくっていた)。いや、いいですね、新品は!
しかし、これだけエリカラを重宝するのはいかがかと思います。

実は水曜から土曜まで、家族が入院などなどで訓練士さんに二匹を預ける予定でした。
月曜の昼休みに訓練士さんに電話したら、まあ色々ダメ出しされましたけど、まさかそれほど激しいバトルをまたするとは訓練士さんも思ってなかった様子。
ちょっとねー最近斑犬が調子こいてるなあと私は思っていたのですが。
二年前の悪夢再びは困るんですけど。

でもまあ、前は気配がする、声が聞こえると言うだけでギャン吠えしていた斑犬がそれほど反応が激しくないのが幸いでしょうか。
明日訓練士さんに会わせてどういう診断が下るか謎ですが。

とりあえず


仕事中に看護師さんに頼んでイソジン液を染みこませた綿球を瓶に詰めてもらいました。
早速今日の夜は私が消毒。
がっちり保定してないと暴れそうになりました。やはりしみるんですかね。
飲ませているのはパセトシン。
薬を飲ませるのは簡単で、餌を食べている時に放り込んでも良し、食べている口の横に指を突っ込んで薬をねじ込むも良し、おやつと一緒に食べさせても良し、です。これだけはラクチンな犬です。


憂鬱な話の続きとしては、今度の日曜日はアジの大会でした。
出るつもりでしたが、これじゃあ出られそうにない(獣医さんの診断では全治一週間から十日)ですよね。
出陳料、キャンセルしても帰ってこないんだろうな。

さいあくだよ……いろいろと。

一匹ずつ散歩、隔離生活を再び送るハメになるとは……。

とりあえず、家族の手術が成功することと、二匹が早く仲直りできますように!!!

スポンサーサイト

∵ この記事に対するトラックバック ∵

トラックバックURL

∵ この記事に対するコメント ∵

アキちゃん、やるときはやる子ですね~。
エルちゃんは血の気が多いですね~。
闘犬ですね。高知なだけに(笑)
そういう経験をして何事にも動じない飼い主に育って行くんでしょうね(笑)。
チャイムがトリガーになるとは・・・。新聞屋さんの営業の人とかにチャイムを鳴らされるとイラッときますね(新聞屋さんはぜんぜん悪くないけど)。うちの奴らもチャイムに反応してうっとうしいのは治らないので、チャイムが押されたら音が鳴らずに赤色灯が回転するようなシステムに改造したいと思うこのごろです。

  • 投稿者: river
  • 2011/11/29(火) 23:19
  • [編集]

トホホですよ~riverさん;
アキは「やられる前にやる」気満々でしたね。
エルはもう沸点が低すぎるんです~><;
アキもRちゃんのようにガツンと言わせられる性格なら良かったんですが、普段はひたすらエルをウザがってるだけなんですよね。
何事にも動じない……いや、もうこういう経験はしたくないです、二度あることは三度あるなんて……いやです。
チャイムは確かに興奮するんですが、あそこまでというのは初めてで吃驚です。赤色灯ですか、そういうのがあるなら是非導入したいモノです。チャイムもマナーモードで(笑)。

  • 投稿者: NAE
  • 2011/12/01(木) 20:56
  • [編集]

あ~あ、またやっちゃった。
エルの考えてる事は分からないねぇ。
河原で遊んでるときは全く素振り見せないのに。
アキは姿は小さくてもラブラドールだね。
シャイアも土佐犬に間違われたこともあるし(笑)

どこも一緒だけど、誰か来たら一斉に大合唱ですね。
だけど、私の一声で黙りますよ。
だって後のお仕置きが怖いも~ん。(父ちゃんに噛みつかれるから)

  • 投稿者: シャイパパ
  • 2011/12/02(金) 22:37
  • [編集]

やらかしましたね~。
でも今回は前ほど悪化はしなかったです。
すぐに訓練士さんに預ける機会があったからでしょうか(笑)。
昨日、二匹が戻ってきて、二匹で散歩できてますよ~。
妙にアキがエルにちょっかい出したがるので気は抜けません。

宅急便、来るとわかっている時はバリケンに入れることにしました(笑)。それで吠えたらバリケンに蹴りです。
エルの場合は側でパイプ椅子をガタガタ言わせたらビビって黙ります(笑)。

  • 投稿者: NAE
  • 2011/12/04(日) 11:09
  • [編集]

う~ん、落ち着いていたと思ったら・・・
NAEさんもまたショックなんじゃない?
うーんうーん。
性格だったり環境だったりもだけど
やっぱり犬種の本能って絶対あると思う私。
エルちゃん、きっついね~涙
でも、まだ間に入れるって事は・・・
いや、NAEさんだからか?!
この突発性な喧嘩がなくなるといいのにね!

  • 投稿者: yuuki
  • 2011/12/07(水) 08:14
  • [編集]

yuukiさん、ご無沙汰です~。
ブログはマメに拝見してますけれどっ!

ショックでした、さすがに。
エルの性格でしょうね、諸悪の根元は。
訓練士さんが言うには、アキの中にもそういう部分があって、エルがきっかけで引っ張り出されたのだとか。犬の中にはもしエルに同じようにやられても絶対にやり返さない子もいると。アキはエルを殺す気で反撃していた(そうでなければあそこまで深手にならない)と言われました。
もう一回バトルをやられて、私の心は折れました。訓練士さんに相談した夜は泣けました。
結論を出したので、もう喧嘩の心配はしなくて済みます。アキの心労が減る選択をしたと思うことにします^^

  • 投稿者: NAE
  • 2011/12/11(日) 21:20
  • [編集]

NAEさんお気持ちご察しします。
うちの場合、ACD vs St. B でした。
ACDは顎を砕かれたことも。挙句の果ては、飼い主が間に入って噛まれて数針。
ACDってわんオーナードッグなんですよね。メス同士っていうのもあんまり良くないみたい。
私が学んだことは、それぞれのカンフォト領域を大切にしてあげること。ラブちゃんのことはわからないのだけど、ACDに仲良くすることは教えられないけど無視することは教えられますよ。NAEさんには、ご両親がついてらっしゃるから、気長にみんなで暮らせるよう頑張ってください。ACDにとっては、飼い主がぴりぴりすると伝わってかえって良くないかも。NAEさんの決断は正解だと思います。今、二人の距離を持たせてあげることはよいですね。

  • 投稿者: 元ACD+アルファs
  • 2011/12/19(月) 20:29
  • [編集]

返信が遅くなりました;
キャトルのオーナーさん、だったんですね。相手が更に大きいサイズで……なかなか壮絶なバトル、止めに入ろうとしたオーナーさんの勇気には感服です。
♀同士は良くないと言うのは知っていたのですが、いかんせん売れ残ったキャトルを見続けるのが辛く買ってしまったんですよね。
ラブの方はキャトルを無視しして、ウザがりつつ距離を保っていたので、いつも喧嘩っ早いキャトルの被害者でした。で、今回ブチ切れした模様です。これが三度目だし、ラブもシニアに入るし、可哀想なので別居させることにしました。
もう二匹を一緒に、という光景を見られないのは本当に残念なんですが。
お言葉ありがとうございましたm(__)m

  • 投稿者: NAE
  • 2011/12/31(土) 05:15
  • [編集]

∵ この記事にコメントする ∵

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。