スポンサーサイト

  • --/--/--(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイレーツ・オブ・カリビアン 

  • 2011/05/26(木) 

見に行ったのは先週の土曜日なんですが。
TOHOシネマズが料金制度を変更して何時行っても、会員でネット予約すれば1200円になったのが嬉しい。
でも、WOWOWとかで放映するのが早いので、見に行くのはアクション映画くらいになりましたね。

で「パイレーツオブカリビアン」最新作。
3Dと2D両方がありましたが、ここは迷わず2D。
あのメガネ、ずり落ちてくるので、こめかみの辺りをずっと手で押さえていないといけないというのが辛い。
私の鼻が低いだけかも知れませんがorz
そんな辛い姿勢で2時間超え居続けるのは辛い。
しかも、四百円も余計に払って……もったいなさ過ぎる!
大体私はPS(プレイステーション)でも、バイブレーションをオフにしてプレイしていた人間ですから(使ったことがない人への説明→ゲーム内で変化があったりした時、コントローラーが震える。ホラーゲームなどをしてるとその震動に寿命が縮まる/笑)。

ジョニー・デップの最大のはまり役だと信じて止まないジャック・スパロウ船長。
今回も良い味出してました。
一番面白かったのはやはり一作目だと思いますが、ヒロインはキーラ・ナイトレイよりペネロペ・クルスの方が断然好みなので(笑)今回は嬉しかったです。
船に乗ってる時間がシリーズ最短でしたね、今回は。
深刻なシーンでも深刻に見えないのは全てジャック船長のせいだと思う。
見終わってから振り返れば、今ひとつ感があった気もしますが、見ている間は純粋に楽しめたから良し。
何より、今回の勝ち組はバルボッサでしょう……。
次回作がある様な終わり方でしたので、素直に楽しみに待つことにします。

内容に極力触れない様にして書くと、なんて短い感想でしょう(笑)。

文字だけだとつまらないので犬写真。
20110522.jpg
斑犬、両手で黒犬をホールド。
そして黒犬は毎度ながら厭そうな顔。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。